保護した

鳥を保護された方 (飼い鳥と思われる種類を保護した)

お願いです
飼い主は 我が子のように大切に思い 育ていている方が多くいます
飼い主をお探し下さい。

宜しければ獣医に診てもらい 健康状態の診断をお願い致します。
鳥は怪我や病気を隠そうとする性質があり
素振りが異常 少し衰弱してきた等、手遅れになる可能性が上がります。
飼い主が見つかるまで 飼育方法 餌や水やり等も 獣医にて教えてもらえます。

迷子になった飼い鳥は遺失物・拾得物に当てはまります
市町村の公的機関(警察 役所 保健所)にも お問い合わせください

情報は広がれば確率は少しでも上がります
保護しましたとお伝え下さい

ペットショップ 動物病院 ホームセンター等
※ 見たり 人伝えで見つかる可能性もあります

インターネットの掲示板
※ 近年 ネット、ソーシャルネットワークは有効手段となりつつあります

もし 飼い主が現れた場合
引渡し前、鳥を見せる前に 鳥の特徴などを聞き 本当の飼い主か判断して下さい。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。